グリーンライン雑記帳

Twitterでは収まらない長文を投稿するブログ。本名を公表しない方針なので、Facebookは利用できない。

長谷川博一氏に関する週刊新潮の記事を読んだ

週刊新潮 2018年10月4日号」(同年9月27日発売)に、「「宮崎勤」「宅間守」を分析した臨床心理学の権威に裏の顔! 被害女性が告発! 「私が施されたセックス・カウンセリング」」と題した記事が掲載された。
その記事は、新潮社のWebサイトで公開されている。https://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/backnumber/20180927/
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10080801/?all=1
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10090801/?all=1

 

カウンセラー・長谷川博一氏(元東海学院大学大学院教授)を、二人の女性が告発するという内容だった。
長谷川氏は、テレビ出演などによって著名なカウンセラーである。
カウンセラーなどの資格を持っている私は、数年前から長谷川氏のTwitter投稿を読み続けている。
そのため、週刊新潮の記事を重大な関心を持って読んだ。

 

記事は、長谷川氏のカウンセリングを受けていたという二人の女性の「証言」が中心なのだが、その内容が事実である証拠は記載されていない。二人の「証言」が事実ではない可能性は、いくらでも考えられる。
精神医学などを学んできた私は、人が様々な原因で「事実ではないことを事実と主張することがあること」を知っている。
現時点では、あの記事は深刻な人権侵害だと言わざるを得ない。
「日本で無罪推定の原則が有名無実化していること」が、あのような記事が掲載されてしまう要因だと思う。
https://www.bengo4.com/c_3/b_163665/

 

しかし、記事の内容を事実と断定した人々から、長谷川氏は非難され、関わりを断たれている。
一方の「証言」だけで誰かを処罰するのなら、裁判は要らないことになってしまう。それは、とんでもないことだ。
「正義」は、しばしば暴走する。正しいと思ってやっていたことが、後で間違っていたと気付いたとき、その人はどうするのだろうか。

 

長谷川氏を非難する人の一部は、「#MeToo」運動の影響を受けているのだろう。
「#MeToo」運動のように、多数の証言者が現れれば、その証言にはある程度の信憑性があると考えられる。
しかし、週刊新潮の記事では、長谷川氏に関する「証言」を述べた人は、わずか2名。現時点では、「#MeToo」運動とは相当異なる現象なのだ。

 

自助グループ「Thrive」のWebページには、長谷川氏と連携していたが、週刊新潮の記事を受けて、「彼女達がこれだけリスクがあるなか虚偽を言うメリットはありません。カウンセラーがクライアントと性的関係を持つ事は重大な倫理違反であり、あってはならないと思い連携解除致しました」との一文が掲載されている。
https://thrive-project.jimdo.com/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

 

実際には、メリットがなくても虚偽の内容を語る人はいるのだ。
素人で、無知だから、思い込んでしまうのも仕方ないとも思う。
だが、善意で暴走する人々は、私にはオウム真理教の信者のようにも見えてしまう。
https://dot.asahi.com/wa/2018101000027.html?page=1

 

最近、「新潮45」が差別記事を掲載したことで休刊になったが、週刊新潮も「売れるなら何でもあり」の雑誌だと思う。
あのような記事を掲載した週刊新潮も、休刊すべきではないだろうか。

「青葉・緑市民連合」の終焉(2)

市民団体「青葉・緑市民連合かながわ8」が、今月下旬に「賛同者集会」(総会)を開催するとの通知があった。
当初15名の運営委員(役員)が現在5名にまで減ったので、新たな運営委員を募るのだろう。

だが、運営委員に加わりたい人が、どれほどいるだろうか。
設立後1年も経たずに運営委員が3分の1になったことで、「現在の運営委員は、かなり問題がある人々なのでは」と考える人もいるだろう。

退任した運営委員の一人である私は、負担が重くても、嫌な思いをさせられても、社会貢献になるのなら頑張るつもりだった。
しかし、「ほとんど社会貢献にならない」と確信したことで、「これ以上は続けられない」と判断した。

現在の運営委員である事務局長も、来月退任する。
以前は「運営委員を20名以上にまで増やしたい」と言っていたが、結果は正反対で、ゼロに近付いている。

退任する人が、賛同者(会員)に運営委員への就任を呼び掛けるのだろうか。
それでは、説得力がないだろう。

団体を維持するためには、まず「現在の仲間」を大切にすること。
それを欠いていたから、私は離れた。

「まとめ役」として気を遣ってきた事務局長が、その反動で、退任を決断してから相当攻撃的になったのは、仕方ないかもしれない。
「青葉・緑市民連合かながわ8」の創設者とも言える事務局長の退任によって、同団体は終焉を迎えるのだろう。

「青葉・緑市民連合」の終焉

今月上旬、市民団体「青葉・緑市民連合かながわ8」の運営委員(役員)を退任した。
青葉・緑市民連合は、「衆議院議員選挙神奈川県第8区」(大部分は横浜市青葉区および緑区)において、「立憲野党」の共闘を促進させることを主目的としている。

少なくとも1年間の任期を全うすべきと考えていたが、2か月余り残しての退任となった。
賛同者(会員)としては残っている形だが、青葉・緑市民連合の集会には、もう参加することはないだろう。

安倍政権打倒を目指す勢力を拡大するためには、看板だけでも新しくしなければならないと考えていた。
中身は古臭くても、徐々に新しくするつもりだった。

でも、無理だった。
活動の大部分は、「ほとんど効果のなかった手法の繰り返し」もしくは「その焼き直し」だった。

運営委員(当初15名)の多くが高齢者であったため、そうなることは、ほぼ予想通りだったが。
中年である私は、しばしば高齢者たちに合わせることを余儀なくされた。

高齢者と言っても、暇を持て余す人は全くいなかったかもしれない。
手弁当で奮闘する姿には、頭が下がる思いだ。

だが、「高齢者が主導する活動は大きく発展するのが難しい」と改めて痛感させられた。
新しい発想がなければ、新しい仲間を増やすことはできないのだ。

昨年の総選挙での「野党統一候補」擁立が実現しなかったことなどで、団体の設立から半年しか経っていないのに、過半数の運営委員が退任した。
その3か月後に私が退任し、献身的に働いている事務局長(運営委員)も6月末で退任する。

これで「空中分解」はほぼ確定だろう。
残っている運営委員は、「敗戦処理」を進めるしかなくなるのではないか。

以前に私が関わっていた類似の目的の団体とは、性質が大きく異なると思っていた。
市民連合」の看板に、私はとても期待していた。

しかし、私の意見を無視して自己満足的活動を始めるのでは、もはや継続は困難だ。
社会貢献になると思えなければ、離れるのが自然なことだ。

市民運動の成否は、集まった人の質で決定される。
私には、青葉・緑市民連合の未来が明るいとはとても思えなかった。

高齢者」「中年」「若者」の3世代で、別々の市民団体が必要かもしれない。
世代で分けなければ、高齢者の意見が優先されることが多くなってしまうからだ。

しかし、高齢者以外で積極的に活動する人は、ほとんどいないのが実情だろう。
「安倍一強」が続いてきた原因は、このようなことにもあると思う。

「この世界の片隅に」は、なぜ心を温めるのか

先月、「Yahoo!プレミアム」会員限定で、映画「この世界の片隅に」が無料で視聴できたので、何回か視聴した。
映画館で既に観ていたのだが、更に繰り返し観たことで、原作(漫画)とのいくつかの違いも理解できた。
傑作とは言い切れないが、かなり良質な作品であると改めて思った。

この映画は、第90回「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画第1位、第40回「日本アカデミー賞」の最優秀アニメーション作品賞に選ばれている。
そのように評価されるのが納得できる内容だ。

今は映画版を視聴できないので、正確を期するため、以下は、主に原作について述べることにする。

戦前から終戦直後にかけて、主人公・北條すず(旧姓は浦野)と周囲の人々との日常生活を描いている。

すずの兄・要一は、幼い妹たちに厳しい態度であったため「鬼いちゃん」とも呼ばれていたが、戦死した後、時空を超えて、すずの前に現れる。その姿は、すずの幼少期の不確かな記憶の中では、毛むくじゃらの怪物(ばけもん)になっている。
自分の代わりに妹を守ってくれる人(すずの夫・周作)と妹を引き合わせ、二人が夫婦になってからも、そっと見守っている。

すずの幼少期の不確かな記憶の中では、怪物によってすずと引き合わされた周作は、眠り込んだ怪物の手に(食料が必要だろうと)キャラメルを握らせる。

幼少期のすずは、屋根裏から現れた見知らぬ女の子(座敷童にも見えたが、後にすずと親しくなる白木リン)がスイカを欲しがっていることを知り、スイカを与えようとする。

嫁入りしたすずは、慣れない環境でも誠実に、懸命に日々の家事をこなす。

周作は、妻に「すずさん」と敬称を付けて呼ぶ。「お前」と呼ぶような、乱暴な扱いはしない。

周作の両親も、すずに誠実な態度で接する。

周作の姉・径子は、すずにきつい態度をとっていたが、最後には右手を失ったすずを支え、すずの選択を尊重する。

すずは、原爆もしくは空襲などで消息を絶った家族もしくは友人を案じ、自分が苦しい状況でも、探そうと努力する。

すずは、可愛がっていた義理の姪の死に、深く悲しむ。

すず、周作夫婦は、原爆で親を亡くした見知らぬ女の子に当然のように食べ物を与え、しがみつかれたら見捨てず、養子として引き取る。

心温まる日常が戦争によって無残に破壊され、打ちのめされても、すずたちは心温まる日常を再建する。

この作品は、愛情、善意、誠意、思いやりおよび優しさに満たされているのだ。
精神科医斎藤環氏が、「治療効果がある」と絶賛する理由は、ここにあるのだろう。

ことさらに戦争の悲惨さを強調してはいないが、戦争で失われるものの貴重さを丁寧に描くことによって、結果的に反戦の意識を強く持たせる効果もあると思う。

インターネットなどでの高評価によって、上映する映画館は次第に増えていった。
私も、多くの人に観ることを勧めたい。

「正しいことを言う」だけでなく、工夫が必要!

私は「支持政党なし」だが、共産党および社民党の主張の大部分は正しいものだと思う。
でも、正しいことを言っているだけでは選挙で勝てない。

「支持政党なし」の人のほとんどは、政治家もしくは政党の、パターン化された、使い古された表現に魅力を感じないから、どの政党も支持しないのであろう。
ある方法でうまくいかなければ、別の方法に変える。それでもうまくいかなければ、更に別の方法に変える。そのような工夫を行なうのは、当然のことだ。
それにもかかわらず、共産党および社民党は、パターン化された、使い古された表現をほとんど改めようとしない。
これでは、選挙で負けるべくして負ける。

左翼的な市民団体の主張も、パターン化された、使い古された表現ばかりである。
当然のことながら、その運動は全く広がらない。

「正しいことを言っている自分たちが変わる必要はない。変わらなければならないのは、世の中だ」と考えるのであれば、今後も、失敗および敗北を繰り返すだろう。

カビの生えた表現で「憲法を守れ」「戦争反対」と主張することは、大部分の人にとって魅力がない。
そのような「正しい主張」が魅力を失うことで、「時代の変化に対応して憲法を変えなければならない」「国際情勢の変化に対応して憲法解釈を変えなければならない」との主張が魅力的に見えてしまう。
憲法を守れ」「戦争反対」と言い続けることが、むしろ憲法改悪および戦争のリスクを結果的に高めてしまうのだ。
これが、安倍政権が選挙で勝ち続けてしまう日本の現状だと思う。

どれほど高級なパンであっても、汚い箱に入っていては、選んでもらえない。
中身はそのままでも、美しい箱に入れなければならない。
そして、パンの一部にカビが生えている場合もある。そのときは、パン自体を新しいものに替える勇気も必要だ。

私が運営委員を務めている市民団体「青葉・緑市民連合」は、民進党共産党自由党および社民党共闘を支援する方針だが、その4党は、このままではそう遠くない将来全滅するだろう。
民進党および自由党の状況は、共産党および社民党とはかなり異なるが。
民進党は、「民主党政権の失敗」のレッテルをはがせないだけでなく、目指す社会像が曖昧なまま。
自由党は、代表の小沢一郎氏へのマスメディアなどによる袋叩きの「後遺症」を克服できないまま。

危機感を共有し、思い切った対策を講じなければ、4党に未来はない。
そして、私自身の未来も、悲惨なものになってしまうと思う。

批判だけでなく、経済政策を!

近年の日本の政治情勢は、自分の政策に名前を付けた者が選挙で勝つ傾向が続いている。「アベノミクス」「都民ファースト」「大阪都構想」など。名前を付けさえすれば、その政策の有効性が検証されず、そもそも中身があるのかすら確認されず、多くの有権者が「中身があり、有効な政策だ」と信じ込んでしまうのは、大変危険なことだと思う。
世論調査では原発再稼働反対が多数派なのに原発再稼働賛成の自民党が国政選挙で勝ち続けている理由のひとつは、原発再稼働反対なのに選挙では原発再稼働賛成の自民党に投票する人が少なくないからだろう。
原発再稼働に反対するのに選挙では原発再稼働に賛成する政党に投票する人の多くは、原発再稼働反対より経済政策を優先しているのではないか。
そのような人たちには、アベノミクスの恐ろしさを伝えないといけない。私が最も懸念することは、年金積立金で膨大な株を購入し、株価を操作していることだ。これでは、購入した株を売ることもできず、莫大な含み損を抱えることになりかねない。他にも、当面の内閣支持率の維持しか考えない、近視眼的な経済政策に、経済の専門家たちから、この国の将来を危ぶむ声が上がっている。
「立憲4党」とも呼ばれる野党勢力民進党共産党自由党および社民党)が政権交代を実現するためには、安倍政権への批判だけでなく、有効な経済政策を提唱し、それを効果的に宣伝しなければならないはずだ。
経済政策に「99%ノミクス」と命名するのは、どうだろう。「アベノミクスは1%ノミクス。1%の富裕層しか利益を得られない。でも、私たちは99%ノミクスで、99%の国民の暮らしを良くします」と主張すれば、多くの有権者の心に響くだろう。
命名の重要性を理解している「立憲4党」の国会議員もいる。だが、総選挙直前に打ち出しても遅い。「立憲4党」が早めにまとめる必要があると私は考えている。

「支持政党なし」は必ずしも「政治への無関心」ではない

私は、これまでいくつもの政党(または政党所属の候補者)に投票してきた。
共産党民主党新党日本未来の党および生活の党。
「この政党以外には絶対投票しない」などとは考えなかった。
消去法で選ぶなどの結果であり、強い支持の思いがあったわけではない。

 

自民党および公明党には、投票したことがない。
毛嫌いしているわけではないが、わざわざ投票する理由を感じなかった。
安倍政権の復活以降は、「自民党および公明党には絶対投票できない」と考えるようになったが。
安倍政権の腰巾着である維新の会および日本のこころも、全く支持できない。

 

今は、特定の政党を支持してはいない。
「支持政党なし」は、多くの場合「政治への無関心」と同義かもしれないが、私は無関心ではなく、政党で政治家を一括りにしない方針なのだ。
支持または不支持は、政党ではなく、一人一人の政治家に対して判断する。

 

支持する政治家は、何人もいる。
民進党では、有田芳生真山勇一小川敏夫山尾志桜里の各氏。
自由党では、小沢一郎森裕子樋高剛の各氏。
社民党では、福島瑞穂氏。
共産党では、特に支持する人はいないが、志位和夫氏ら同党所属議員の主張の大部分は、私が同意できるものだ。
近年は、民進党共産党自由党および社民党を概ね支持しており、その4党(「立憲4党」とも呼ばれる)の共闘を促進させる団体「青葉・緑市民連合」に、最近になって関わり始めた。

 

このように政治を重視する私だが、政治(的)活動に関わることには、いつも期待すると同時に不安を感じる。
政治に関わりたがる人には、厄介な人が少なくないからだ。
独善的な人、他者の「思想の自由」を尊重できない人、陰謀論好きの人などは、避けたいと思う。
そのような人は、活動の拡大を阻むだろう。

 

政治活動を行なう市民団体には、以前にも参画したことがあったが、不見識および非常識な言動が頻発する実態に呆れて退会した。
「青葉・緑市民連合」には、そのような駄目団体にはならないでもらいたい。
そのために、今できることを行なわなければと思っている。

映画「君の名は。」は、傑作ではない

日本では記録的な興行収入を達成した映画「君の名は。」を、2日に観た。

あまり期待していなかったが、割引料金の日だったため、買い物などを兼ねて出掛けた。


都会の男子高校生、立花瀧と田舎の女子高校生、宮水三葉の心が入れ替わる。

瀧は3年前の「死の直前の」三葉と入れ替わりを繰り返し、次第に二人の間に絆が生まれる。

瀧が過ごす「現在」には三葉は存在しない。


鑑賞後、私の近くにいたお年寄りが「ストーリーがあまり理解できなかった」と言っていた。

やや複雑な設定であるだけでなく、スマホを扱う場面がかなりあることも、お年寄りには難解だっただろう。


私は、ネットで「予習」してから映画館に行ったためか、ストーリーは理解できたが、それが特に良いとは思えなかった。

映像は、非常に素晴らしいのだが…

登場人物の思考や行動に、不自然な点が多過ぎるのだ。


①瀧(心は三葉)がバイト先の女子大学生(奥寺)の切られたスカートを直すために「スカートを脱いで」と提案し、それを女子大学生が受け入れる。

しかも、瀧(心は三葉)がスカートを直している間、女子大学生は下半身を毛布のようなもので隠して瀧(心は三葉)の側にいて会話する。


②瀧が三葉に会いに行くときに、高校の友人(司)とバイト先の女子大学生(奥寺)が、瀧が誰と会いたいのかも分からぬまま付いて行く。

しかも、旅館の同じ部屋で3人が宿泊する。


③三葉の同級生(勅使河原、早耶香)が、三葉(心は瀧)の「町民全員の命を救うための町民全員の避難計画」に協力する。

しかも、犯罪行為と認識しているにもかかわらず、爆薬まで使用する。


④中学生の瀧が、初対面の三葉に「瀧君」と呼ばれたのに、「どうして俺の名を知っているのか」とは言わず、「変な人だ」などと反応する。


⑤別々の電車に乗っている瀧と三葉が、互いを見付けて、相手と接触するために次の駅で降りるのだが、なぜか二人とも駅から離れ、人気のない場所で出会う。

二人が乗っていた電車が次に停車する駅が同じであれば、相手を駅で探すのが自然だ。

二人が乗っていた電車が次に停車する駅が異なるのであれば、別の路線に乗り換えるのが自然だろう。

 

ついでだが、一度大きな隕石(彗星?)が落ちた場所に、再び彗星が落ちるというのも、かなり不自然だ。


新聞広告では「大傑作」との評価を掲載していたが、これでは、とても傑作と呼べるものではない。


監督の新海誠は、「このような場面を作りたい」と思ったら、登場人物の思考や行動が不自然になっても、無理やりストーリーを組み立ててしまうのだろう。

より想像力または創造力があれば、自然な形で場面を作ることができるはずなのだ。


②の場面は、瀧が一人で行動するのでは、登場人物の声の大部分が「瀧の心の中の声」だけになり、観客にとって音声が単調に感じられ、不評を買うとでも思ったのだろう。

だが、瀧が一人で懸命に探し回る姿こそ、感動を呼ぶシーンになったのではないか。


⑤の場面は、瀧と三葉が二人きりになる場面を、ラストシーンにしたかったのだろう。

だが、駅から離れて「物理的に二人きり」にしなくても、「心理的に二人きり」にすることもできる。都会の駅の人混みの中でも、「二人が出会った瞬間、二人には時間が止まったように感じられ、互いに相手しか見えず、しばらくの間、二人にとって、世界には二人しか存在しなかった」とすれば、自然だった。

 

恐らく多くの人にとって目新しい設定だったのは、心が入れ替わる二人の場所だけでなく、時間も離れていることだろう。

しかし、「心の入れ替わり」「タイムスリップ」は、これまで様々な映像作品で数え切れないほど取り上げられた題材で、それ自体は全く陳腐なものである。

そもそも、「君の名は。」のタイトル自体が、菊田一夫作品のパクリと言われても仕方ないものだ。

 

10日発表された「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門で、「君の名は。」は、次点にすら選ばれなかった。

昨年の日本映画の上位11作品にもなれない。これが正当な評価だろう。

 

www.cinematoday.jp

 

www.kinenote.com

ベスト・テン及び各賞の選出者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選出者数が多く、更にその年齢・所属の幅(映画評論家、日本映画記者クラブ員など)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を業界内外からいただいています。

 

それでも、今回の大ヒットによって、新海誠の作品は、今後も確実に注目され続けるだろう。

だが、それによって、本当の傑作が目立たなくなってしまうことにはならないだろうか。

そのような事態は、既に発生しているのかもしれないと思う。


(3日に投稿したものを、13日および15日に加筆修正した)